TOEFLiBT®テスト対策カレッジ

お問合せ資料請求カレッジ概要

TOEFL®iBTテスト勉強法について


TOEFL®iBTテストリーディング勉強法の紹介

■長文読解の勉強法■

TOEFLibtリーディング対策は熟読と速読を分けて訓練すること!
TOEFLibtリーディングセクションは、勉強をはじめている方はお分かりかと思いますが、とてもひとつのパッセージが長いです。CBTの倍違い長さになっていますので、最初はその長さに戸惑うのではないかと思います。ただ、そこで速読の練習をするためにすべて短い時間を計って読むことは効果的な勉強方法とは言えません。文の構造を理解し、必要な単語をしっかり理解、暗記しながら読むことも非常に重要です。

そこで、リーディングセクションの対策は、速読と熟読を分けて勉強を進めていくことが非常に重要になります。

速読訓練とは?
速読の訓練をする際に気をつけたいのが、必ず時間を計り辞書は使わずに進めることです。速読で重要なことは二つで、

一つは分からない単語を回りの文脈から推測して読み進めること、
二つ目は長文の中の単語郡を塊(チャンク)として理解していく能力です。

単語を一つ一つで読まないこと、それが速読の最大のコツです。
日本語の小説や新聞を読むときを思い返してみてください。
単語一つ一つの意味を考えて読んでいますか?

熟読訓練とは?
熟読訓練とは、時間を計らず辞書を使い一つの文章を隅から隅まで100パーセント理解するということです。分からない単語はなんとなく分かっていても辞書を使い必ずすべてクリアにすることです。

熟読訓練をする文章は速読訓練をした文章を必ず使用するようにしましょう。
また、熟読訓練を終了した文章はその後速読訓練のテキストとして使用することができます。一度熟読した文章を使用し速読の訓練をすると単語の塊(チャンク)がとりやすくなりますので、効果的な速読訓練につながります。

そして、その後その文章から重要単語をピックアップして覚えて初めて一つのパッセージ(文章)が終了することになります。

よく長文の勉強で勉強するための長文例題が足りません、という方がいますが、

速読訓練→熟読訓練→再度速読訓練→単語のピックアップと暗記(単語帳の作成)

とすべてのステップを繰り返しているか確かめてみてください。



TOEFL対策セミナー開催
なぜマンツーマンでなければスコアは伸びないのか?
ブース形式ではないのでプライベートクラスが可能
GMAT対策研究所 日本人留学生のための対策方法
GREテスト対策ラボ 日本人留学生のための対策方法
大学院留学何でも相談室
個人で成功する大学院留学
東京国際フォーラムにて大学院留学セミナー毎月開催中
IELTS対策コーチングセンター
大学院留学専門情報サイト
大学院留学専門トータルサポート
MBA留学センター
海外大学院サーチ (社)大学院留学協会

TOEFL®iBTテスト対策カレッジサイトマップ
TOEFL®iBTテスト
対策カレッジについて
当カレッジについて
講座(コース)の紹介
講座(コース)費用
申込方法
TOEFL®iBTテスト
について知ろう
基礎情報について
スコアについて
セクション別解説
他のテストとの比較表
TOEFL®iBTテスト
対策法についての解説
リーディング対策法
リスニング対策法
ライティング対策法
スピーキング対策法
TOEFL®iBTテスト
勉強法についての紹介
リーディング勉強法
リスニング勉強法
ライティング勉強法
スピーキング勉強法
TOEFL®iBTテスト
対策海外留学サポート
海外留学サポート
テスト対策留学サポート