TOEFLiBT®テスト対策カレッジ

お問合せ資料請求カレッジ概要

TOEFL®iBTテスト対策方法について


TOEFL®iBTテストライティング勉強法の紹介

■Independent Task採点基準について■

Independent Taskの採点基準を知ることが高得点への最短距離!

Writingセクションは日本人には比較的苦手がセクションとなっているようです。
その理由は、覚えた英語をアウトプットしなければいけません。アウトプットすることは慣れていないのでなかなか高得点が出ないセクションと言えます。

ではどのような基準で審査官は採点しているのでしょうか?
採点基準を細かく知らなければ高得点は出せません。

0点
単にトピックを写している。(またはトピックに無関係のことが書かれている)。
英語以外の言語で書かれている。
白紙。

1点
この点数のエッセイは、以下のひとつ、または複数に当てはまる。
構成と展開が著しく乏しい。
論理的詳細の欠如、または無関係の具体例などを述べている。
文法、単語に著しい誤りがある。

2点
この点数のエッセイは、以下のひとつ、または複数に当てはまる。
トピックに対して答えているが展開が不十分である。
全体の一貫性が不十分
トピックに対しての答えとして一般論を述べている、またはトピックの答えを倫理的に証明するための説明、具体例、詳細は不十分である。
文法、単語に間違いが多い。

3点
この点数のエッセイは、以下のひとつ、または複数に当てはまる。
ある程度展開された具体例や詳細、説明を用いてトピックに対して答えを述べている。
一貫性はときに明確でないが、全体的な流れやある程度の一貫性を示している。
意味を不明瞭にさせる表現や不適切な単語を使用している。
文法、単語を正しく使用しているが限られて範囲に限定されている。

4点
この点数のエッセイは、以下をほぼ達成している。
多少不足しているがトピックに対して明確に答えている。
適切で十分な展開、詳細、具体例、説明がされている。
一貫性はときに明確でないが、全体的な流れやある程度の一貫性を示している。
単語、文法、表現方法に時折明らかなが誤りが含まれているが、すべて意味が不明瞭にならない程度に限られている。
文法、単語の多様性により言語の運用能力を示している。

5点この点数のエッセイは、以下をほぼ達成している。
トピックに対して明確に答えている。
十分な展開力と詳細、具体例、説明がなされている。
全体の流れ、一貫性に問題がない。
少し誤りが含んでいるものの、単語、文法の多様性、慣用句などを含み、適切な言葉の選択を行うことにより適切な言語能力を発揮している。



TOEFL対策セミナー開催
なぜマンツーマンでなければスコアは伸びないのか?
ブース形式ではないのでプライベートクラスが可能
GMAT対策研究所 日本人留学生のための対策方法
GREテスト対策ラボ 日本人留学生のための対策方法
大学院留学何でも相談室
個人で成功する大学院留学
東京国際フォーラムにて大学院留学セミナー毎月開催中
IELTS対策コーチングセンター
大学院留学専門情報サイト
大学院留学専門トータルサポート
MBA留学センター
海外大学院サーチ (社)大学院留学協会

TOEFL®iBTテスト対策カレッジサイトマップ
TOEFL®iBTテスト
対策カレッジについて
当カレッジについて
講座(コース)の紹介
講座(コース)費用
申込方法
TOEFL®iBTテスト
について知ろう
基礎情報について
スコアについて
セクション別解説
他のテストとの比較表
TOEFL®iBTテスト
対策法についての解説
リーディング対策法
リスニング対策法
ライティング対策法
スピーキング対策法
TOEFL®iBTテスト
勉強法についての紹介
リーディング勉強法
リスニング勉強法
ライティング勉強法
スピーキング勉強法
TOEFL®iBTテスト
対策海外留学サポート
海外留学サポート
テスト対策留学サポート